img_02

クラウドマイグレーションの流れ

クラウドマイグレーションは3つの工程で進められます。

1つ目は現システムの確認と移行見積もりの作成です。

現システムについてはサーバのベンダー、CPU、メモリなどのハードウエアの状況、利用率やバックアップの頻度などの運営状況が確認されます。
また、動作しているOS、アプリケーションの開発言語、ライブラリなどのソフトウエア情報についても詳細なデータが取得されます。

クラウドマイグレーション関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。

これらを元にクラウドベンダーを決定し、開発が必要な部分の見積もり、仕様書を作成、タイムスケジュールの作成が行われます。

ビジネス視点でInfoseek ニュースはとても人気があり、興味深いです。

2つ目は各種アプリケーションの移行をテストすることになります。

クラウドマイグレーションでは基本的に今あるアプリケーションをそのまま移行することも検討されます。
ただし、OSのバージョンが古かったり、開発言語がサポート切れ等の場合は新規に作成されることもあり、その場合は開発期間が設定されることになります。

移行にはテストが数度行われるのが一般的であり、テストを重ねて本番時のタイムスケジュールの最適化が行われます。

3つ目は実際の移行になります。


クラウドマイグレーションはライブマイグレーションを利用した移行作業も可能ですが、時間がかかることから止められるシステムの場合はサーバを停止して、データを直接クラウドへ転送して移行作業をすることが多くなっています。



その際、新規に作ったアプリケーションがある場合は稼働テストを行ってから本番稼働となります。